【故事成語】自相矛盾( zì xiāng máo dùn )

自相矛盾( zì xiāng máo dùn ):意味

自相矛盾( zì xiāng máo dùn )は、「自己矛盾する」「矛盾する」という意味になります。

中国語で単に「矛盾」( máo dùn )とした場合、上述の意味以外にも哲学用語としての「矛盾」や、対立する事物が排斥し合うことを指すことから意見などの「不一致」「対立」という意味にもなります。

自相矛盾( zì xiāng máo dùn ):あらすじ

矛と盾を売っていた人が、客から自身の売り文句のおかしさを指摘されたという話。

自相矛盾( zì xiāng máo dùn ):故事

楚国に矛と盾を売る人がいました。

彼はこの盾がとてもかたいことを誇って「どんなものでもこの盾を突き通すことはできない」と言うと、今度はこの矛がとても鋭いことを誇って「どんなものでも突き通すことができる」と言いました。

すると、彼の売り文句を聞いていた人がこう尋ねました。

「その矛でその盾を突いたらどうなるのかね」

その人は答えることができませんでした。

そもそも、何も通さない盾と何でも突き通す矛というのは同時には存在しないのです。

出典《韓非子・難一》

《韩非子·难一》:楚人有鬻盾与矛者,誉之曰:“吾盾之坚,物莫能陷也。”又誉其矛曰:“吾矛之利,于物无不陷也。”或曰:“以子之矛陷子之盾,何如?”其人弗能应也。夫不可陷之盾与无不陷之矛,不可同世而立。

今回の故事成語である「自相矛盾」( zì xiāng máo dùn )の故事の出典は、戦国時代の思想家である韓非による『韓非子』「難一」になります。

司馬遷の『史記』「老子韓非列伝」などによると、韓非は当時の戦国七雄の中では弱小国だった韓の公子で、幼い頃から吃音に悩まされていましたが、書を著すことは得意だったとされています。

また、李斯(りし)とともに荀子に学んでおり、同伝によれば李斯は自身が韓非には及ばないと感じていたとされています。

韓非は生国である韓が弱体化しているのを目の当たりにして韓王に書をもって何度か諫言しましたが、採用してもらえませんでした。

その後、秦国に使者として赴いた韓非は秦王政(後の始皇帝)から気に入られたものの、李斯らの讒言によって囚われの身となると、最後は李斯が送った毒薬を飲んで命を絶ってしまいました。

その彼が著したのが55篇からなる『韓非子』になりますが、一部の篇については彼の作ではないという説もあるようです。

「自相矛盾」の故事成語の出典となったのは「難一篇」になりますが、内容的にはさまざまな事例を列挙して、孔子や管仲などの君主に仕えた歴史的人物や君主自身を批判しています。

「韓非子集中講義」で『韓非子』の全訳を読むことができますので、リンクを貼っておきます。

ちょっと深掘り

「矛盾」のもとになった故事と言えば、真っ先にこの盾と矛の話を思い浮かべる人がほとんどだと思いますが、『韓非子』の「難一」をちょっと詳しく読んでみると分かるのは、この話に出てくる楚人の商人の話というのは、実はこれ単体で登場するというわけではなく、もともとはある人と儒者との会話に登場する話の一部だということです。

原文に忠実とは言えませんが、その内容についてちょっとだけ詳しくみていきましょう。

時代は中国神話に登場する尭(ぎょう)舜(しゅん)が存在していたとされてる紀元前22世紀~21世紀頃のこと。

歴山(現在の山西省南部)にいた農民が互いの畑の境界線のことで争っていましたが、舜はそこに行って彼らと一緒に畑を耕すと、1年後には問題を解決することができました。

今度は黄河で釣り場を争っていた人たちがいましたが、舜がまたそこに行って彼らと一緒に釣りをすると、1年後に彼らは釣り場を年長者に譲るようになりました。

東夷で作られた陶器は粗悪なものが多くありましたが、舜がそこに行って彼らと一緒に陶器を作ると、1年後には固くしっかりとした陶器を作るようになりました。

舜のこれらの功績に対して孔子は、「畑を耕したり魚を釣ったり陶器を作ることはいずれも舜がやることではなかったのに、舜は自ら出向いてそれらのことをやってくれたのは、誤りを正そうとしたからだ。舜は実に思いやりがあり心の広い方だ。こうして自ら骨を折り民を聞き従わせることができるとは。よって聖人の徳は人を感化するのである」と褒め称えました。

話の場面は変わって、とある人が儒家に対してこう尋ねました。

「その時、尭はどこにおられたのか」

その儒家は「尭は天子をしておられました」と答えました。

「ならば、尭が聖人であったと孔子が言われたことはどう説明するのか。聖人がすべてを見通しておられるのであれば、天下に誤りなどあるはずがない。もし畑を耕す者や魚を釣る者たちに争いがなく、陶器も粗悪でなかったならば、舜はどうして徳をもって人々を感化する必要があったのか。

舜が誤りを正しに行ったということは、尭に過ちがあったということになる。舜を賢いと思うことは尭の明察を否定することになり、尭を尊いと思うことは舜の徳化を否定することになる。よって、2つとも正しいということはあり得ない。

こんな話がある。楚国に矛と盾を売る人がいた。その人は自身の盾をほめて曰く、私のところの盾はとても固く、どんなものでも突き通すことはできないと。今度は自身の矛をほめて曰く、私のところの矛はとても鋭く、どんなものでも突き通すことができると。それに対してある人が、その矛でその盾を突いたらどうなるのかと尋ねたが、その人は答えることができなかった。

どんなものでも防ぐ盾と、どんなものでも突き通す矛というのは同時には存在しないのだ。つまり、尭と舜を同時に褒め称えることができないというのも、これと同じ道理なのだ。

それに、舜が誤りを正したのは1年にひとつ、3年で3つだ。舜のような方には限りがあり、寿命にも限りがあるが、天下の誤りというのは途絶えることがない。限りのある寿命をもって途絶えることのない誤りに対処しようとすれば、正せるものが少なくなってしまう。

そこで、賞罰を天下の人々にきちんと守らせ、「法に適えば賞し、適わなければ罰する」と命令を下すことにする。朝に下されれば、誤りはその日の夕方には正されるし、夕方に下されれば、次の日の朝には正される。10日後には全国の誤りは正すことができる。どうして1年も待つ必要があるのか。

それなのに舜は自ら出向いて苦労をしたのは、人々を治める術がなかったからなのではないのか。また、自身が骨を折って民を感化しようというやり方は、尭や舜ですら難しいものだった。“勢”(権勢)に基づいて民を正すというやり方は、凡庸な主君でも行うのは容易だ。天下を治めようとするのに、凡庸な主君が容易く行える方法を捨てて、尭や舜ですら難しかったやり方に従おうというのは、治国の道を理解してしているとは言えないだろう」。

以上が『韓非子』の「難一」に登場する「矛盾」の故事の前後部分になります。

楚国の商人の話の前後にこれだけ長い話があったというのは意外な感じがするかもしれませんし、私も最初読んだ時は「よく意味がわからん」(今もそんなに理解していませんが)という感じでした。

韓非が生きていた時代は戦国時代の末期で、時期的には秦国が他の国を呑み込んで中華統一を果たすというのが時間の問題となっていた頃でした。

韓非は強国になる上で、まず君主の権力を法によって一元化・集約することが重要であるという考えでしたが、皮肉にもそれは韓ではなく、隣国の秦国で高く評価されて受け入れられることになります。

ただ、これは秦国内では既に商鞅(しょうおう)の変法(商鞅変法)による改革によって、法によって国家を治めるという下地がある程度できあがっていたためと言われています。

李斯らの讒言によって服毒自殺という悲しい最後を迎えることになった韓非ですが、その著である『韓非子』は現代のさまざま分野にも通じるところがあるということからビジネス本としても広く読まれています。

それが意味するのは、その思想は決して戦乱の絶えない世の中だけでしか通用しないものではなく、(もちろん全部ではないですが)現代に生きる我々でも活用できる価値をもったものということなのかもしれません。

例文

她刚才说的话自相矛盾

(彼女がさっき言ったことは矛盾している)

这老板说的话前后自相矛盾

(この老板(ラオバン)が言っていることは前後で矛盾している)

他嘴上说他想提高自己的成绩,却不想认真复习,这不是自相矛盾吗?

(彼は口では成績を上げたいと言って真面目に復習したがらないのは自己矛盾なのではないか)

類義語

格格不入( gé gé bù rù ):まったく相容れない、しっくりとしない

以鱼驱蝇( yǐ yú qū yíng ):魚でハエを追い払う、行動と目的が矛盾しているためにかえって逆の結果をもたらす

対義語

勉強中・・・

参照

『韓非子』「難一」(維基文庫)

『史記』「老子韓非列伝」(維基文庫)

「韓非子」(日本語版Wikipedia)

「韓非子集中講義」

イラストレーターの皆さん

この記事を作成するに当たって使用させてもらった画像のイラストレーターさんになります。

「せいじん」さん - ネコ

「miho.panda」さん - パンダ

chinese-mao

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする