【故事成語】战无不胜( zhàn wú bù shèng )

战无不胜( zhàn wú bù shèng ):意味

「战无不胜」( zhàn wú bù shèng )の「无不」( wú bù )は「~しないことはない」や「すべて~である」という意味になることから、「無敵である」「戦えば必ず勝つ」「必勝不敗である」になります。

また、すべての戦いに勝つ、不敗であるということから、何でもうまくいくことを比喩する場合もあります。

战无不胜( zhàn wú bù shèng ):あらすじ

戦国時代、楚国が魏国を破って斉国に攻めてきた時、斉国の使者である陳軫(ちんしん)が「蛇足」の例え話をしたあとに、これまで戦に敗れたことがなくてもほどほどにしておかないとすべてを失うかもしれないと説得して敵の大軍を撤退させたという話。

战无不胜( zhàn wú bù shèng ):故事

戦国時代、楚の将軍である昭陽は楚軍を率いて魏国を攻めて魏軍を打ち破ると8つの城を占領し、今度は斉国に攻め込みました。

陳軫(ちんしん)は斉王の使者として昭陽と会見し、楚軍の勝利を祝うと立ち上がって昭陽にこう尋ねました。

「楚の法では、敵を滅ぼし将を討ち取るとどのような官職、爵位を授けられるのか」

昭陽は答えました。

「官職は上柱国、爵位は上執圭である」

陳軫は続けて尋ねました。

「それよりもさらに高い官職はあるのか」

昭陽は答えました。

「令尹(れいいん)のみだ」

陳軫は言いました。

「令尹は確かに最高位の官職だが、楚王は令尹をふたつ置くことはないだろう。

恐れながら、例え話をしてもよいだろうか。

楚国でとある貴族が祖先を祭り、1杯の酒を客に振る舞った。客たちは“この酒はみんなで飲むには足りないが、ひとりで飲むのには十分だ、みんなで地面に一匹の蛇を描いて、最初に描き上げた人がこの酒を飲むことにしよう”と言った。

すると、客のひとりが真っ先に蛇を描き上げると、酒を飲もうとした。左手で杯を持ちながら右手でまた地面に描き始めて、“蛇に足も描き足すことだってできるさ”と言った。

蛇の足を描き終わる前に、もうひとりの客が蛇を描き上げると、その客の手から酒杯を奪い“蛇に足などないのに、足を付け加えていいはずがないだろう”と言って酒を飲み干した。一方、蛇に足を描き足した客はというと、酒を飲むことができなかった。

今、将軍は楚王の魏国侵攻を補佐し、敵軍を破って8つの城を奪った、その勢いが衰えぬうちに今度は斉に攻めてきた。斉の人々は恐れ戦いていることをみれば、将軍が名を挙げるには十分だ。

しかし(斉を破ったところで)官職はそれ以上高くなることはないだろう。これまで戦に敗れたことがなくても適度なところでやめることを知らなければ、その身は滅び、爵は国に奪われるだろう、まさに“蛇を画いて足を添える”ようなものではないか」

昭陽はその言葉に納得すると、兵を引き上げていきました。

出典《戦国策・斉第二》

《战国策·齐策二》:“战无不胜而不知止者,身且死,爵且后归,犹为蛇足也。”

今回の故事成語である「战无不胜」( zhàn wú bù shèng )の故事の出典は、前漢の劉向(りゅうきょう)による『戦国策』「斉第二」の中に含まれている「昭陽為楚伐魏」になります。

戦国時代、楚国の懐王(在位紀元前329~紀元前299)の時代の楚懐王6年(紀元前323年)、楚国は魏国の内政に干渉しようとして魏国に侵攻すると、襄陵(現在の河南省商丘市睢県)で魏軍を大敗させて(楚魏襄陵之戦)、8つの城を奪いました。

魏軍を破った昭陽はそのまま斉国を攻めようとしましたが、斉王は縦横家の陳軫(ちんしん)を使者として昭陽のもとに送り込みました。

すでに魏軍を打ち破り、そのまま楚に凱旋しても十分な恩賞が約束されている中でさらに斉国に攻め込もうとしている昭陽に、陳軫は蛇に足を描き足してしまい遂には褒美の酒を飲み損ねた人の話をします。

つまり、すでに魏軍を打ち破って十分な恩賞が約束されているのにもかかわらず(蛇を最初に描き上げて褒美の酒を飲めるのにもかかわらず)、恩賞のさらなる加増が見込めないのに斉国を攻めようとするのは(蛇に足を描き足そうというのは)、斉国との戦に敗れてしまった場合(他の人が自分よりも先に蛇を早く描き上げてしまった場合)、自身の身を滅ぼし爵も国に奪われてしまうこと(褒美の酒を他の人に飲まれてしまうこと)になるよねと諭しました。

その際に陳軫が言った言葉が次の通りになります。(以下、拙訳)

■战无不胜而不知止者,身且死,爵且后归,犹为蛇足也。

■戦勝たざる無く止むこと知らぬ者は、身は死に爵は後に帰す、猶お蛇足のごときなり。

■これまで戦に負けたことがなくても止まることを知らない者は、その身は死に爵位は国に奪われてしまう、まるで蛇足と同じである。

この「戦無不勝」(戦勝たざる無し)がそのまま故事成語になったというわけになります。

ちょっと深掘り

蛇足の例え話で楚軍を撤退させて斉国を救った陳軫についてですが、陳軫は戦国時代の斉国の人で縦横家として活躍した人物になります。

陳軫がもとになって誕生した中国語の故事成語はや「战无不胜」( zhàn wú bù shèng )の他にも、「画蛇添足」( huà shé tiān zú )、「一挙両得」のもとになったとされる「卞庄刺虎」( biàn zhuàng cì hǔ )も同様に陳軫がもとになったとされています。

ちなみに、縦横家(じゅうおうか)とは古代中国の諸子百家のひとつで、外交における策士として各国を往来した人たちのことをいいます。

彼らのような存在が誕生した背景には、群雄が割拠していたため、国力が充実している上で、連合や排斥、脅迫、誘惑などの手段を用いて“戦わずして勝ち”、また兵法を用いて少ない損害で最大の利益を得る必要があったためになります。

類義語

百战百胜( bǎi zhàn bǎi shèng ):百戦百勝

攻无不克( gōng wú bù kè ):攻めれば陥落しないところはない

所向无敌( suǒ xiàng wú dí ):向かうところ敵なし

対義語

一败涂地(yī bài tú dì):一敗地に塗れる、取り返しがつかないほどに惨敗する

不堪一击( bù kān yī jī ):(戦争や試合などで)一撃を食らうとひとたまりもない、ひとたまりもなく負ける

望风而逃( wàng fēng ér táo):相手の威勢を遠方から見ただけで逃げ出してしまう、かなり怖じ気づくこと

参照

『戦国策』「斉第二・昭陽為楚伐魏」(維基文庫)

「楚魏襄陵之战」(百度百科)

【故事成語】画蛇添足( huà shé tiān zú )

日本語の「蛇足」のもとになった中国語である「画蛇添足」( huà shé tiān zú )は、今回の故事成語である「战无不胜」( zhàn wú bù shèng )と同じ出典になります。

ちょっとだけ詳しくまとめていますので、ぜひ合わせて読んで見てくださいね。

イラストレーターの皆さん

この記事を作成するに当たって使用させてもらった画像のイラストレーターさんになります。

「せいじん」さん - ネコ

「miho.panda」さん - パンダ

chinese-mao

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする