【故事成語】愚公移山( yú gōng yí shān )

愚公移山( yú gōng yí shān ):意味

「愚公移山」( yú gōng yí shān )は、日本語で「愚公(ぐこう)山を移す」という故事成語で有名だと思いますが、「志があり根気よくやり続けた者は遂には成功する」とか「コツコツ地道に努力を続ければ成し遂げられる」という意味として使われます。

愚公移山( yú gōng yí shān ):あらすじ

昔、愚公というおじいさんが家の正面にあった山をどかそうとして毎日家族と一緒に削りに行っていたところ、その姿に感動した神が山をどかしてあげたという話。

愚公移山( yú gōng yí shān ):故事

昔、冀州の南、河陽(現在の河南省北部)の北側に、太行山と王屋山という2つの大きな山がありました。

その山の北側の麓にはもうすぐで90歳になる愚公という老人が住んでいましたが、南の方に出掛ける時はいつも山を迂回しなければならず、いつも大変な思いをしていました。

そこで愚公は家族を集めると相談してみることにしました。

「みなと一緒に力を尽くして山の険しいところを平らにして、豫州の南側に道を通して漢水の南側まで達するようにしたいのだが、いいだろうか」

すると、みな同意してくれましたが、愚公の妻はこう尋ねました。

「あなたの力では小さな丘すら取り除くことすらできないのに、太行山や王屋山はどうするつもりなの。

それに、削り出した土や石はどこに運ぶつもりなの」

それに対してみんなは言いました。

「隠土(山東省か)の北側にある渤海のほうに捨てるさ」

そして、愚公は息子と孫を引き連れて3人で山を削りに向かうと、石を砕き、土を掘り、それらを箕(みの)を使って渤海の方へと運びました。

愚公の隣人である京城という姓のやもめには7、8歳になる息子がいて、喜んで飛び跳ねながら手伝いに行きました。

愚公たちは冬から夏に季節が変わる時間をかけて、ようやく一往復することができました。

するとその様子を見て、川辺に住む智叟という男が愚公たちを笑いながら呼び止めて言いました。

「まったく馬鹿げている、残された時間や体力を考えたら、山の草ですら取り除くことができていないのに、土や石はどうするつもりだね」

これを聞いた愚公は長くため息をつくと、こう言いました。

「孤児や寡婦に及ばないくらい、どうしようもなく頭が固いね。

私が死んでも子どもがいるではないか、子どもは孫を産んで、その孫はさらに子どもを産む。

子孫は尽きることはないが、山がこれ以上は高くなることはない。

どうして平らにできないと悩むことがあるのか」

これを聞いた智叟は返す言葉がありませんでした。

それを聞いた操蛇之神は、愚公たちのやっていることが終わらないことを心配して、この件を天帝に報告することにしました。

すると天帝は愚公の誠実さに感動し、夸娥氏という神のふたりの息子に山を背負わせると、ひとつは朔東(山西省の東部)に、もうひとつは雍南(陝西・甘粛省一帯)へと運ぶように命じました。

これにより、冀州の南部は漢水の南側まで通ずるようになり、道を遮るものはなくなりました。

出典《列子·湯問》

《列子·汤问》:“北山愚公者,年且九十,面山而居。惩山北之塞,出入之迂也。聚室而谋曰:“吾与汝毕力平险,指通豫南,达于汉阴,可乎?”

今回の故事成語である「愚公移山」の故事の出典は、戦国時代の列子(れっし)の著である『列子』の「湯問」となります。

この『列子』自体は前漢以降に散逸したとする人もいて、これは後世の人が書いた偽書であるとする説もあります。

また、列子は紀元前400年前後70年の間に存在したとされる道家を代表する人物のひとりとされていて、本名は「列御寇」(れつごきょう)といいますが、実在したのか疑う見方もあります。ちなみに、列子の「子」は先生の尊称になります。

『列子』は道家の文献のひとつで巻一から巻八で構成されており、「湯問」は巻五になります。

「湯問」には複数の話が記載されており、「愚公移山」の故事は2つめに登場します。

ちなみに「湯問」とは、本篇の最初の部分である「殷汤问于夏革曰」(殷湯夏革に問いて曰く)からきています。

とは夏朝を滅ぼし商朝(殷)を建てた「湯王」(天乙、太乙、成湯、成唐とも)のことを指しており、夏革とは夏末から商初にかけての「大賢人」のことで、商朝の臣下でした。

湯王は夏革を師として仰いでおり、その対話について書かれているのが「湯問」になるというわけです。

ちょっと深掘り

ちなみに、この故事の最後に出てくる神について少し触れていきたいと思います。

まずは、愚公の精神に心打たれた「操蛇之神」( cāo shé zhī shén )についてですが、この「操蛇之神」は中国の古代神話に登場する「山の神」とされていて、その記述の多くが「山海经」( shān hǎi jīng:せんがいきょう)に登場するようです。

次に、「大力神」( dà lì shén )として登場する「夸娥氏」( kuā é shì )についてですが、「大力神」は中国語ではギリシャ神話に登場する「ヘラクレス」のことを指すようなので、中国神話においては「力を象徴する神」なのではないかと思われますが、詳しい方がいたらぜひご教授願います。

「操蛇之神」から愚公の話を聞いて感動した天帝が、太行山と王屋山を背負って移動させるように「夸娥氏」のふたりの息子に命令をしたことによって愚公の家の前の山は取り除かれ、めでたく漢水までの道が通じるようになったというところで「愚公移山」の話は終わります。

山を動かすことくらい「夸娥氏」自身がでるほどのものでもないと言うことだったのかもわかりませんが 、人間がやるとなったら現代の科学技術をもってしてでも相当な費用と労力が必要になる超一大プロジェクトになります。

そういう意味では、マジ神だったんだなと思います。

例文

我要发扬愚公移山的精神。

(愚公山を移すの精神を奮い立たせなければならない)

做事如果有愚公移山的精神,遇到再大的困难也不怕。

(愚公山を移すという気持ちで仕事をすれば、どんな困難に遭おうとも恐れることはない)

我以愚公移山的精神来坚持学习中文。

(愚公山を移すの気持ちで中国語を勉強し続けます)

類義語

锲而不舍( qiè ér bù shě ):粘り強くものごとを行う

持之以恒( chí zhī yǐ héng ):根気よく続ける、あくまでもやり通す

坚持不懈( jiān chí bù xiè ):うまずたゆまずやる

対義語

半途而废( bàn tú ér fèi ):中途半端(でやめる)

功亏一篑( gōng kuī yī kuì ): 九仞の功を一簣に欠く、長年の努力を最後のちょっとしたことで失敗に終わらせてしまう

参照

『列子』「湯問・愚公移山」(維基文庫)

「操蛇之神」(百度百科)

イラストレーターの皆さん

この記事を作成するに当たって使用させてもらった画像のイラストレーターさんになります。

「せいじん」さん - ネコ

「miho.pandaさん - パンダ

「まむのすけ」さん - 黒猫のフレーム 

「mikko」さん - 山

「sizumi」さん - 山

「ACworks」さん - 風船

おすすめ記事(猜你喜欢)

2件のコメント

  1. […] 愚公移山( yú gōng yí shān ) 男尊女卑( nán zūn nǚ bēi ) […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です