【故事成語】一败涂地( yī bài tú dì )

一败涂地:意味

一败涂地( yī bài tú dì )は、一敗地に塗れるということから取り返しがつかないほどに惨敗する立ち上がれないほどに大敗するという意味になります。

一败涂地:あらすじ

秦末期、乱れた世にあって将(上に立つ者)が適任の者でないというのは、ひとたび戦いに敗れてしまえば地に塗れてしまうことになると劉季(劉邦)が言ったという話。

一败涂地:故事

秦二世元年(紀元前209年)秋、陳勝たちは蕲(安徽省宿州市)で反乱を起こすと、陳(河北省周口市淮陽区)で王を名乗り、国号を張楚としました。

各郡県の人々は自分たちの長を討ち取って陳勝たちに呼応しようとしました。

沛令(沛の県令)は恐れをなして陳勝たちの側につこうとしましたが、役人だった簫何と曹参は次のように進言しました。

「あなたは秦の官吏であるから、秦に背いて沛の者たちを率いようとしても従わないかもしれません。逃亡した者たちを呼び戻せば数百人を集めることができます。そして彼らに脅させれば、人々が従わないことはないでしょう」

そこで樊噲は劉季(劉邦)を呼び戻すと、劉季に従う者は数十人に上りました。

樊噲が劉季を連れて戻ってくると、沛令は劉季たちが心変わりするのではないかと後悔したため、城門を閉じてしまうと簫何や曹参を討とうとしました。

それを恐れた簫何と曹参は水堀を越えて劉季に助けを求めました。

すると劉季は次のような内容が書かれた書帛(絹に書かれた書)を弓を使って城内にうち込みました。

「天下は秦に苦しめられて久しい。今、父老は沛令に守られているものの、諸侯はすでに蜂起しているからすぐにでも沛を攻め滅ぼすだろう。もし沛令を討つのなら、若者の中から有能な者を引き立て諸侯と呼応させよう、そうすればそなたらの家族は無事であろう。そうでなければ父子ともども殺されてしまうだろう」

すると父老は若者たちを率いて沛令を討ち城門を開いて劉季を迎え入れました。

そして劉季を沛令にしようとしましたが、劉季は次のように言いました。

「天下は今まさに乱れ、諸侯が蜂起している中で将が適任の者でないということは、ひとたび(戦いに)敗れてしまえば地に塗れることになるだろう。我は決して自分の命を惜しんでいるのではなく、そなたらを守るだけの能力に乏しいことを心配しているのだ。これは大事であるから適任の者を選ぶのがよかろう」

簫何や曹参などはみな役人だったため、自分を惜しんでしまい、また事が失敗した場合、後に秦によって種族(族誅、本人とその一族を処刑すること)されることを恐れてしまったため、みな劉季を推そうとしました。

父老たちはみな言いました。

「劉季は普段から型破りな行動をとることから必ずや高貴になる方であり、また占えば劉季が最も結果が良いと聞いています」

劉季は何度も断ったものの、誰ひとりとして沛令になる者がいなかったため、劉季を沛公として立てることになりました。

沛の役所に黄帝と蚩尤を祭り、生け贄の血を軍旗と太鼓に塗ると、旗は赤く染まりました。

これは倒された蛇が白帝の子であり、それを倒したのが赤帝の子だったからであり、よって赤を崇拝したのです。

その後、若くして有能な簫何や曹参、樊噲などは沛の若者たちを集めると2、3000人にまでふくれあがり、その後、胡陵や方与を攻めるとそのまま引き返して豊(江蘇省徐州市豊県)に駐屯しました。

出典《史記・高祖本紀》

《史记・高祖本纪》刘季曰:“天下方扰,诸侯并起,今置将不善,壹败涂地。・・・・・・”

《史記・高祖本紀》劉季曰く、“天下まさに擾れ、諸侯並び起る。今将を置くこと善からずんば、壹敗地に塗れん。・・・・・・”と

今回の故事成語である一败涂地( yī bài tú dì )は、前漢の司馬遷による『史記』「高祖本紀」が出典になっています。

「高祖本紀」の“高祖”とは秦滅亡後に項羽との楚漢戦争に勝利して前漢を立てた劉邦のことになり、また、今回の故事では“劉季”となっていますが、季は劉邦の字(あざな)になります。

今回の故事は秦二世元年(紀元前209年)秋に陳勝・呉広の乱が発生した時期になります。

「高祖本紀」によれば、劉邦は泗水(現在の江蘇省蘇州市周辺)の亭長(現在でいうところの警察署署長)を務めていましたが、労働者たちを酈山に移送していましたが、その途中で労働者たちが逃げ出してしまいました。

当時の秦の法律は非常に厳格で、期日通りに移送できない場合にはその責任者は罰せられることになっていました。

実際、陳勝・呉広の乱が発生した原因も、大雨のために道を塞がれてしまい期日通りに目的地に到着できなくなってしまったことによって陳勝たちが反乱を起こしたことにあります。

劉邦もまた労働者たちが逃げ出してしまったことで期日通りに移送が完了できなくなってしまったため、罰せられてしまうことになるはずでした。

事ここに至ってはどうすることもできず、夜になって酒を飲むと労働者たちを逃がすことにしましたが、そのうちの十数人は劉邦のもとに残ることになりました。

そんな折り陳勝・呉広の乱が発生し、以降、劉邦は反秦の戦いに参加していくことになります。

ちょっと深掘り

劉邦は泗水(現在の江蘇省蘇州市周辺)の亭長を務めていたということですが、亭長とは中国古代の宿駅の役人の責任者だったとされており、秦や漢代には盗賊逮捕や取り調べなど、現代でいうところの警察の役割をしていたとされています。

また、秦代以前の戦国時代には他国との国境にを設置して、その責任者として亭長を置いて防衛の任にあたらせていましたが、後漢時代に徐々に廃止されていったとされています。

類義語

不堪一击( bù kān yī jī ):(力が弱いため戦争や試合などで)ひとたまりもなく負ける

不可救药( bù kě jiù yào ):人や物事、性格、悪癖などが救いようがないことや手に負えないこと

対義語

战无不胜( zhàn wú bù shèng ):無敵である、戦えば必ず勝つ、必勝不敗である

东山再起( dōng shān zài qǐ ):再起する、勢力を盛り返す、もとの地位に復帰する

劉邦に関する故事成語

【故事成語】四面楚歌( sì miàn chǔ gē )

【韓国語】사면초가(四面楚歌)

【故事成語】约法三章( yuē fǎ sān zhāng )

【故事成語】约法三章( yuē fǎ sān zhāng )②

【故事成語】指鹿为马( zhǐ lù wéi mǎ )

【一敗塗地】何が地面に塗れるのか

一敗地に塗れるという慣用句ですが、地面に塗れてしまうのは何なのかということについてを、その出典と合わせてちょっと詳しく記事にしていますので、ぜひ読んで見てくださいね。

参照

『史記』「高祖本紀」(維基文庫)

亭長(コトバンク)

亭长(百度百科)

イラストレーターの皆さん

この記事を作成するに当たって使用させてもらった画像のイラストレーターさんになります。

「せいじん」さん - ネコ

「miho.panda」さん - パンダ

「まむのすけ」さん - 黒猫のフレーム 

おすすめ記事(猜你喜欢)

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です