【故事成語】南辕北辙( nán yuán běi zhé )

南辕北辙:意味

南辕北辙( nán yuán běi zhé )は、馬車などの車の轅[ながえ]を南向きにして轍[わだち]は北に向かっているということから、事が矛盾すること行動と目的が一致しないことを意味します。

日本語の四字熟語にも漢字検定1級(?)レベルのものとして南轅北轍(なんえんほくてつ)というものがあり、意味は言動が矛盾することをいいます。

南轅北轍は北轍南轅(ほくてつなんえん)適楚北轍(てきそほくえん)ともいい、“適”とは行く、赴くという意味になります。

南辕北辙:あらすじ

戦国時代、勢いを頼りに天下を手に入れようとするのは、南方の楚に向かうといいながら北へ行くのと同じことであるという例え話で王を戒めたという話。

南辕北辙:故事

魏王が邯鄲を攻めようとすると、李梁はこれを聞いて道をひきかえしてくると、衣服のしわも伸ばさず、頭についた土埃も振り落とさずに王に謁見するとこう言いました。

「今日、私が戻ってくる際に馬車を北に走らせる人を大通りで見かけました。

その人は私に言いました、“私は楚にむかっているのだ”、と。

それで私は“楚に行くのに、なぜ北に向かっているのだ”と尋ねると、その人は“私の馬は良馬だ”と答えました。

“たとえ良馬でも、これは楚に通じる道ではない”と言うと、その人は“旅費ならたくさんある”と答えました。

“たとえ旅費がたくさんあろうと、これは楚に通じる道ではない”と言うと、その人は“御者の腕前が素晴らしいのだ”と答えました。

私はその人に“これらが優れていれば優れているほど、楚からますます遠ざかるだけである”と言いました。

今、王は覇業を打ち立て、天下の威信を手に入れようと行動を起こそうとしております。

また、国の大きさや兵の強さを頼みとして、邯鄲を攻めて領土を広げ名を挙げようとしています。

しかし、このようにすればするほど、王が打ち立てようとする覇業は遠ざかってしまいます。

これはまるで南にある楚に行こうとして北へ向かうことと同じではないですか」

出典《戦国策・魏策四・魏王欲攻邯鄲》

《战国策・魏策四・魏王欲攻邯郸》“・・・・・・,犹至楚而北行也。”

《戦国策・魏策四・魏王欲攻邯鄲》“・・・・・・,なお楚に至りて北に行くがごとしなり。”

今回の故事成語である南辕北辙( nán yuán běi zhé )の故事は、前漢の劉向らによる『戦国策』「魏策四」「魏王欲攻邯鄲」が出典になります。

『戦国策』は戦国時代の遊説の士の言葉や献策、その他の逸話について国別にまとめたものになり、もともとは別々の書物(竹簡)によって存在していたものを前漢の劉向によって『戦国策』としてまとめられました。

ちなみに、中国の戦国時代という名称もこの書名が由来になっています。

今回の故事は李梁(きりょう)という人物が魏王の邯鄲(趙国の都)侵攻を戒めるという話になります。

その際に用いたのが、南にある楚に行こうとしているのに北に向かって進んでいる人の話で、魏王が覇業を打ち立てようとしているのに(楚に行こうとしているのに)国の大きさや兵の精強さ(馬の素養や旅費の多さ、御者の腕前)を頼りとして邯鄲を攻めようとしている(北に向かっている)という、目的と行動の矛盾を指摘しているということになります。

ちょっと深掘り

劉向らによって前漢時代に編纂された『戦国策』には、宋代に鮑彪(ほうひゅう)という人物によって注釈がつけられていて(『戦国策注』、『国策』)、それによると李梁という人物は魏の人であると書かれています。

ただ、詳しい資料がないため実際のところどういう人物であったかについてはわかりません。

サイトによっては魏の大臣だったと書いている場合もあります。

また、「李梁」(百度百科)によれば春秋時代の紀元前8世紀初め頃にも随国(現在の湖北省随州市一帯)の大夫だった李梁という軍事家・思想家が存在していたとされていますが、これは今回の故事に登場する李梁とは別人と考えていいと思います。

随国の李梁という人物については『春秋左氏伝』「桓公六年」に楚軍を撤退させたという話が載っています。

類義語

自相矛盾( zì xiāng máo dùn ):自己矛盾する

格格不入( gé gé bù rù ):まったく相容れない、しっくりとしない

以鱼驱蝇( yǐ yú qū yíng ):魚でハエを追い払う、行動と目的が矛盾しているためにかえって逆の結果をもたらす

対義語

勉強中・・・(゚Д゚)

【韓国語】모순(矛盾)

韓国語の모순(矛盾)についてちょっと書いていますので、ちょっとのぞき見てはいかがでしょうかと、ちょっとオススメします。

参照

『戦国策』「魏策四・魏王欲攻邯鄲」(維基文庫)

「戦国策」(Wikipedia)

「李梁」(百度百科)

『春秋左氏伝』「桓公六年」(維基文庫)

イラストレーターの皆さん

この記事を作成するに当たって使用させてもらった画像のイラストレーターさんになります。

「せいじん」さん - ネコ

「miho」さん - パンダ

「まむのすけ」さん - 黒猫のフレーム 

おすすめ記事(猜你喜欢)

2件のコメント

  1. […] 【故事成語】南辕北辙( nán yuán běi zhé ) […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です