【故事成語】麻姑搔背( má gū sāo bèi )

麻姑搔背( má gū sāo bèi ):あらすじ

後漢桓帝の時代(146~168年)某年7月7日、「麻姑」という女仙の細長い指先にある鳥のような爪を見た「蔡経」という男は、その爪で背中を掻いてくれたら気持ちいいだろうなと思ったところ、その邪な考えを見抜いた仙人の「王遠」が怒って蔡経をムチで打ったと言う話。

麻姑搔背( má gū sāo bèi ):故事

後漢の桓帝の時代(146~168年)の話。

ある年の7月7日、「王遠」(王方平とも)という仙人は「蔡経」という小民の家に降り立つことになりました。

蔡経は王遠のために豪華な食事を準備して待っていると、天から人馬やドラの音が聞こえてきました。

飛龍に牽かれた羽車(仙人が乗るとされる車)に乗って天から降りてきた王遠は、頭には「遠遊冠」、五色の帯に深紅色の公服を身にまとい、さらに宝剣を背負っていました。

王遠は蔡経の家族に会うと、使者に「麻姑」を呼び寄せるように伝えました。

すると、再び天から人馬やドラの音が聞こえてきたかと思うと、18、9歳になるひとりの美しい娘が降りて来ました。

頭頂部で髻(もとどり、漢代の女性の髪型のひとつ)を結い、余った髪は腰まで垂れ下がり、花の柄のついた美しい衣を身にまとっていました。

麻姑は王遠に言いました。

「この前お会いしてから、東海が三度、田園に変わるのをこの目で見ました。

それと、蓬莱に行きましたところ、水が昔より少なくなっておりました。

おそらくもうすぐでそこは陸地となってしまうでしょう」

また、麻姑は女性たちともひとりひとりあいさつをしました。

すると突然、蔡経の弟の嫁を呼び止めました。

彼女は数日前に子どもを産んだばかりでした。

麻姑は穢れを払うために彼女に米を持ってくるように言うと、その米を地面へと撒きました。

不思議なことに、その米は瞬く間に真珠(丹砂とも)へと変わってしまいました。

王遠は笑いながら麻姑に言いました。

「そなたは若いが私はもう年だ、そのような“遊び”は好まない」

すると、王遠は今度は持参した一升の美酒に一斗の水を混ぜてみんなに振る舞いました。

このお酒は俗人が飲めるようなものではなく、飲んでしまった場合は腹を下してしまうとのこと。

ただ、水で薄めてあるのでその心配はないと、王遠は蔡経たちに飲むように勧めると、そのお酒を飲んだ蔡経一家はみなすぐに酔ってしまいました。

麻姑の爪は人間のそれとは違っていました。

その時、それを見た蔡経はふと思いました。

「背中がかゆい時に麻姑の爪でかいてもらったら、きっと気持ちいいに違いない」

王遠は蔡経のその心を見破ると怒って言いました。

「麻姑は神人であるのに、そなたはなぜ背中をかいてもらえると思ったのだ」

王遠は蔡経を縛り上げると、ムチで打ち始めました。

しかし、「ムチ打つ人」の姿が見えた者は誰ひとりとしていませんでした。

出典《神仙伝》

《神仙传》:又麻姑手爪不如人爪形,蔡经心中私言,若背大痒时,得此爪以爬背,当佳也。方平已知经心中所言,即使人牵经鞭之,曰:“麻姑,神人也,汝何忽谓其爪可以爬背耶?”

今回の故事成語である「麻姑搔背」の故事は、「神仙传」( shén xiān zhuàn :神仙伝)「卷三 – 王远」が故事の出典になります。

「 中国哲学书电子化计划 」のリンクを貼っておきますので原文を読みたい方はどうぞ。

王远

王远电子全文,全文检索、相关于王远的讨论及参考资料。有简体字版、繁体字版、英文版本。

「神仙伝」とは東晋の道家であった「葛洪」( gě hóng :かっこう)が著したとされる全10巻からなる書で、内容としては古代中国の仙人についての話が書かれています。

中国には「志怪小说」( zhì guài xiǎo shuō:しかいしょうせつ)という奇談怪談をテーマとした小説が魏晋南北朝時代に多く誕生し、当時の乱れた社会の中で仏教や道教の信者たちが「志怪小説」という形でその体験談などを著したとされています。

そのような時代背景の中で、仙人についての話をまとめてできたのがこの「神仙伝」になるというわけです。

詳しいことは「Wikipedia – 神仙伝」に書いてありますのでどうぞ。

ちなみに「Wikipedia – 葛洪」に載っていない部分を補足として書いておくと、葛洪は現在の江蘇省句容市の出身であり、煉丹術(服用すると不老不死になれる仙丹と呼ばれる霊薬を作ること)に詳しかっただけでなく、医師や化学者としての顔も持っていました。

例えば、彼の著のひとつである《肘右方》( zhǒu yòu fāng )には天然痘やツツガムシ病の症状やその治療法について書かれており

また、仙薬の作り方などについて記した《抱朴子・内篇》( bào pǔ zi・nèi piān )には、仙人になるための秘薬のひとつである「丹砂」(硫化水銀)について

「紅色硫化水銀(辰砂)を熱すると水銀が得られ、水銀に硫黄を加えると黒辰砂となり、その後に再び硫化水銀に戻る」という、現代で言うところの酸化還元反応についての記述を残しており、化学に関する知識を持ち合わせていたと言われています。

また、葛洪は晩年、丹砂の産地であった交趾郡(現在のベトナム北部)へ行こうとして皇帝から許可をもらい、その途中、広州を通った時に広州の刺史(州の長のこと)である「鄭岳」と会いました。

鄭岳曰く、領内の罗浮山( luó fú shān:羅浮山)には「神仙洞府」の別名があり、言い伝えによると秦の安期生(仙人のひとり)がそこで「九節菖蒲」を服食して「羽化」(道士が仙人になること)したと言われており、原料を提供するので羅浮山で錬丹術を研究して欲しいとのこと。

その言葉に葛洪は交趾郡へ行くのをやめ、羅浮山で錬丹術の研究に打ち込みながら多くの書を著しました。

鄭岳は「東莞太守」に任命しようとしましたが、葛洪はこれを固辞し、その後、葛洪は同地において81年の生涯に幕を閉じたと言われています。

ちなみに、「神仙伝」のこの話と同じ部分からできた「桑田沧海」( sāng tián cāng hǎi )という故事成語もあるので、興味のある方はぜひ下の画像をクリックして見てくださいね。

ちょっと深掘り

この「麻姑搔背」は日本語で言うところの「かゆいところに手が届く」、つまり「物事が思い通りにうまくいく」「配慮が行き届いている」という意味になりますが

中国語の場合はもうひとつの意味もあって、「分不相応の望み」「高望み」という意味にもなります。

仙女に背中をかいてもらいたいという考えを持って怒られてしまった蔡経の立場で考えたらわかりやすいですよね。

この「麻姑搔背」の故事は葛洪の「神仙伝 – 王遠」に出てくる話なのですが、麻姑の爪についてよく「鳥の爪のようだ」と描写されていることが多くあります。

しかし、「神仙伝 – 王遠」にはそのような表現が見当たりません。

そこで、いろいろと調べていくと「鳥の爪」という表現は、唐の時代に道士であった杜光庭( dù guāng tíng )によって書かれた「墉城集仙录」( yōng chéng jí xiān lù )に登場します。

「墉城集仙录」は109人の仙女について書かれていたとされる伝記集で、その「 卷四 – 麻姑 」に麻姑の爪について「 又麻姑爪如鸟爪,・・・・・・」(また麻姑の爪は鳥の爪のようであり、・・・・・・)と表現されています。

原文は「 中国哲学书电子化计划 – 墉城集仙录 – 卷四 – 麻姑 」からどうぞ。

墉城集仙录 : 卷四 – 中国哲学书电子化计划

夫人者,王母之小女也,年可十六七,名婉罗,字勃遂,事玄都太真王,有子为三天太上府都官司直,主总纠天曹之违比,地上之卿佐。年少好委官游逸,虚废事任,有司奏劾以不亲局察,降主东岳,退真王之编,司鬼神之师,五百年一代其职。夫人因来视之…

また、同じく「麻姑搔背」の故事について、三国時代の曹操の息子である曹丕( cáo pī )が書いた志怪小説集「列异传」( liè yì zhuàn )にも短く登場します。

「维基文库 – 列异传」の[《御览》三百七十]をクリックすれば原文が読めますのでどうぞ。

列異傳

黃帝葬橋山,山崩無屍,惟劍舄存。 [《御覽》六百九十七] 秦穆公時,陳倉人掘地得異物;其形不類狗,亦不似羊,眾莫能名。 …

今までとは描写がだいぶ違っていて、その鳥のような爪で背中を掻いて欲しいという蔡経の邪な考えに麻姑は怒り、彼は地面に倒れると両目から血を流すという話になっています。

ちなみにこの列異伝では麻姑の爪の長さを「四寸」と表現していますが、調べたところによると「寸」という単位は「1尺の10分の1」であり

三国時代は「1尺=24.2㎝」であることから「四寸=約10㎝」ということになります。

知識不足のため間違っていたら申し訳ないですが、ひとまず参考までに。

ちなみに「麻姑搔背」 の原文を日本語に訳出してくださっているサイトがありました。

「 中国故事街 」というサイトになるのですが、原文に忠実に訳されていてとても読みやすくてわかりやすかったです。

他にもさまざまな故事成語の原文を訳出されているみたいなので、興味のある方はそちらを読んで中国語のブラッシュアップにぜひ励んでみてくださいね。

私の中国語のレベルもそのサイトの管理人さまにはまだまだ遠く及ばず脱帽するばかりですね・・・がんばろ(*^-^*)

「麻姑」と「孫の手」

麻姑と孫の手についての話はこちらにまとめましたので興味のある方はぜひ読んで見てくださいね。

孫の手についてもちょっと深掘りしてみました。

また、韓国語の「孫の手」についてもこちらにまとめてありますので、ぜひ読んでみてくださいね。

例文

用“麻姑搔背”的例句在网上好像查不到。

他还没学过麻姑搔背的意思。

類義語

勉強中・・・

対義語

隔靴搔痒( gé xuē sāo yǎng ):話の要点がつかめていないこと、または適切でないこと、物事がうまくゆかず徒労に終わること

隔靴爬痒( gé xuē pá yǎng )隔靴抓痒( gé xuē zhuǎ yǎng )とも

韓国語での表現

韓国語で「麻姑搔痒」は「 마고소양 」(麻姑搔痒:マコソヤン)と言い、마고파양(マコパヤン:麻姑爬痒)とも言うようです。

ただ、さまざまなブログなどを読んでみると、やはり出典は「神仙伝」( 신선전 )麻姑編( 마고편 )となっていますが、どこを探してみても原文にはそのようなものはないので、外国語に翻訳された際に巻や話の順番が入れ替わったということなのでしょうか。

確かに同じ「神仙伝」でも編者によって収録されている仙人のバリエーションが異なるとはネットのどこかで見た気がしますが・・・

ちなみに対義語の「隔靴掻痒」は韓国語では격화소양(隔靴搔癢:キョックァソヤン)と言います。 「癢」とは「痒い」という意味みたいです。

他にも격화조양(隔靴抓癢:キョックァチョヤン)격화파양(隔靴爬癢:キョックァパヤン )という言い方もあるみたいですが

韓国では日常的に用いるのかはよくわかりません。

イラストレーターの皆さん

この記事を作成するに当たって使用させてもらった画像のイラストレーターさんになります。

「せいじん」さん - ネコ

「miho」さん - パンダ

「水雲」さん - 天女

chinese-mao

6件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする