【麻姑搔背】麻姑の爪の長さは何㎝?

麻姑搔背( má gū sāo bèi ):あらすじ

後漢桓帝の時代(146~168年)、ある年の7月7日、「麻姑」という仙女の鳥のような爪を見た「蔡経」という男は、その爪で背中を掻いてくれたら気持ちいいだろうなと思ったところ、その邪な考えを見抜いた仙人の「王遠」が怒って蔡経をムチで打ったと言う話。

麻姑搔背( má gū sāo bèi ):意味

「麻姑搔背」( má gū sāo bèi )は、「かゆいところに手が届く」、つまり「物事が思い通りにうまくいく」「配慮が行き届いている」という意味になります。

日本語では「麻姑搔痒」(まこそうよう)「隔靴掻痒」(かっかそうよう)という言い方もするので、知っている方も多いかもしれません。

中国語の場合はもうひとつの意味もあって、蔡経が麻姑の爪で自分の背中を掻いて欲しいと思ったことも分かるように、「分不相応の望み」「高望み」という意味にもなります。

麻姑の爪の形

この「麻姑搔背」の故事は葛洪による著『神仙伝』「王遠」に出てくる話になります。

仙人として王遠とともに登場するのが、年齢が18歳くらいの麻姑という仙女になるのですが、彼女は特徴的な爪を持っていて、その爪についてはよく「鳥の爪のようだ」と描写されていることが多くあります。

しかし、『神仙伝』の「 王遠」にはそのような表現は見当たらず、ただ、「又麻姑手爪不如人爪形,・・・・・・」(また麻姑の手爪は人爪の形のごとくならず、・・・・・・)とだけ書かれており、鳥の爪のようだとは一言も触れられていません。

そこで、いろいろと調べていくと「鳥の爪」(鳥爪)という表現は、唐の時代に道士であった「杜光庭」によって書かれた『墉城集仙録』に見られることが分かりました。

『墉城集仙録』とは109人の仙女について書かれていたとされる伝記集で、その「 卷四 – 麻姑 」には麻姑の爪について「 又麻姑爪如鸟爪,・・・・・・」(また麻姑の爪は鳥の爪のごとし、・・・・・・)と表現されています。

ここから、麻姑の爪は鳥の爪のようだと言われるようになったのだと思われます。

麻姑の爪の長さ

先ほどの『列仙伝』や『墉城集仙録』には爪の長さについて具体的に書かれていません。

では、麻姑の爪はいったいどれくらいの長さだったのでしょうか。

そこで、三国時代の曹操の息子であり、魏初代皇帝の曹丕が書いた志怪小説集『列異伝』を見てみると、麻姑と蔡経の話が短いながらも載っているので、ちょっとだけ詳しく見ていきましょう。(以下、拙訳)

■神仙麻姑降东阳蔡经家,手爪长四寸,经意曰:“此女子实好佳手,愿得以搔背。”麻姑大怒;忽见经顿地,两目流血。 [《御览》三百七十]

■神仙麻姑東陽の蔡経の家に降る、手爪長(たけ)四寸、経おもい曰く“この女子実(まこと)に好(よ)く手佳(よ)し、願わくは背掻を得む”麻姑大いに怒り、忽ち経地に頓せられ、両目血流す。

■神仙の麻姑は東陽の蔡経という人の家に降り立った、手の爪は長さが四寸だった、蔡経は思った、「この女性は本当に美しく手もきれいだ、背中をその爪で掻いて欲しい」。麻姑は激怒すると、たちまち蔡経は地面に倒され、両目から地を流した。

曹丕の『列異伝』では今までの話とは描写がだいぶ違っていて、その鳥のような爪で背中を掻いて欲しいという蔡経の邪な考えに麻姑は怒り、彼は地面に倒されると両目から血を流すという話になっています。

さて、曹丕の『列異伝』には麻姑の爪の長さは「四寸」であったと書かれていますが、今で言うところの何㎝なのでしょうか。

国語辞典で「寸」を引いてみると、「1寸は1尺の10分の1で、約3.03センチ」と書かれていることから、なんだ麻姑の爪は約12㎝くらいだったのかと、これで一件落着チャンチャンと言いたくなってしまいます。

ただ、寸法はその時代や国によって異なる場合があるので、もうちょっと我慢して調べてみると、Wikipedia「中国度量衡」(中文)の記事には、1寸とは1尺の10分の1のことで、漢代の1尺は「23.1㎝」(後漢の一銅尺は23.6㎝)となっていると記載されているため、そこから漢代の1寸は「2.31㎝~2.36㎝」になります。

ということは、漢代の単位を用いれば麻姑の爪は4寸は、およそ「9㎝~10㎝」になるというわけです。

ちなみに、ギネスブックに載っている世界最長の爪は197.8㎝で、これはインド人男性が保持している世界記録になり、彼は1952年から爪を切るのをやめてから2018年に切るまでずっと伸ばし続けていたとのことです。

その他にも長い爪の画像を検索してみるといろいろなひとの長い爪が出てきますが、ちょっと視覚的にインパクトがあるものが多く、途中で検索するのをやめてしまいました。

個人的にはやはり、長すぎず短すぎずの麻姑の10㎝くらいがちょうど良いのかなと思います。

いや、まあそれでも十分に長いですが。

参照

『神仙伝』「王遠」(自由的図書館)

『墉城集仙録』「麻姑」(自由的図書館)

『列異伝』「御覧三百七十」(自由的図書館)

Wikipedia「中国度量衡」(中文)

イラストレーターの皆さん

この記事を作成するに当たって使用させてもらった画像のイラストレーターさんになります。

「miho」さん - パンダ

「水雲」さん - 天女

chinese-mao

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする