【韓国語】우물 안 개구리(井の中の蛙)

우물 안 개구리(井の中の蛙):あらすじ

井戸の中に住んでいたカエルのところにカメがやって来ると、カエルは井戸の中での生活がどれだけ愉快かを説明しましたが、カメは井戸の中よりも海のほうがもっと広いことを教えてあげると、カエルはとても驚いたという話。

우물 안 개구리(井の中の蛙):意味

「우물 안 개구리」(井の中の蛙)は日本語でもおなじみなので、意味はご存じの方も多いと思うので言うまでもないかもしれませんが、「井の中の蛙」とは「見識が狭く、大局的な判断ができないこと」や、そういう人のことを言います。

また、「視野が狭く、自分が正しいと思い他人の意見を聞き入れないこと」もいい、問題を解決するときや物事を見るときには、俯瞰して全体をみるようにするという戒めの言葉でもあります。

実際には「大海を知らず」と続いたり、「されど空の蒼さを知る」とする場合もあります。

ちなみに、「井の中の蛙大海を知らず」は韓国語では우물 안 개구리는 대해를 모른다.となります。

出典《장자・추수》【荘子・秋水】

《장자・추수》:우물 안의 개구리에게 바다에 대하여 얘기해도 알지 못하는 것은 공간의 구속을 받고 있기 때문이다.

日本語でもおなじみのことわざ「井の中の蛙」の故事は中国の荘子によって書かれたとされる『荘子』外篇の「秋水」に登場します。

「井の中の蛙」という言葉自体は「秋水」の冒頭部分の河伯(黄河の神)と北海若(渤海の神)の対話の中に登場します。

これは、黄河の神である河伯がこの世の美しいものはすべて自分の所に集まっていると喜んでいたところ、そのまま東に下って渤海まで来てみると、そこは黄河と違って向こう岸が見えないほどに広い大海原でした。

それを見て河伯は渤海の神である北海若に自身の見識の狭さを恥じました。

すると、北海若は次のように言いました。

「井蛙不可以语于海者,拘于虚也。」(井の蛙は大海について語ることができない、なぜなら“虚”に縛られているからである)

「夏虫不可以语于冰者,笃于时也」(夏の虫は氷について語ることができない、なぜなら“時”に縛られているからである)

「曲士不可以语于道者,束于教也」(曲士は“道”について語ることができない、なぜなら“教”に縛られているからである)」

ここでいう“虚”とは「住んでいる場所」「狭い空間」という意味になり、また、“曲士”と“教”の意味はそれぞれ「見識の狭い人」「教養」になります。

井の中の蛙は“虚”(狭い空間)しか知らないので海の広さを語ったところで理解できないということです。

この部分の韓国語訳については「장자 (외편) 제17편 추수[1]」(荘子(外篇)第17篇 秋水[1])の中段あたり「북해의 신이 말했다.」のところから読めますのでどうぞ。

そこからさらに話は進んで、今度は孔子の弟子のひとりであった公孫竜という人物と、魏牟(ぎぼう:戦国期、中山国の王子)という人物の対話の部分に今回の「井の中の蛙」の故事がようやく登場します。

これは、若い頃に先王の主張を学び、仁義とは何なのかを理解したと思っていた公孫竜が荘子の話を聞いてさらに訳が分からなくなってしまい、それは自分の考え方が荘子に及ばないからなのか、それとも、自分の知識が荘子に及ばないからなのかということについて魏牟に意見を求めるというところから話が始まります。

それを聞いた魏牟はまず今回の「井底之蛙」の故事を話すと、魏牟はさらに追い打ちをかけるように話を続けます。

公孫竜の才知では是非が分からないのにもかかわらず、それで荘子の教えを理解しようとすることは、蚊に山を背負わせ、やすでに川の中を走らせるようなものであると指摘します。

また、極めて深淵な論を理解するのにはその才知では不十分なのに、一時的な“勝利”に自ら迎合するというのは、井の中のカエルと同じではないのかとも指摘します。

そして、浅はかな考察によってその奥深さを探ろうとし、議論によってその真理を探ろうとしていることは、竹の筒から遠くの空をのぞき込むようなものであり、錐で大地を測るようなものだと言うと、最後にとどめの一撃とばかりに「邯鄲の歩み」の故事成語のもとになった次のような話をしました。

昔、趙国の邯鄲を訪れた燕国寿陵の若者が趙国の人たちの歩き方を真似たものの、それを習得できなかったばかりか本来の歩き方まで忘れてしまい、しまいには地に這いつくばりながら帰って行ったという話。

このままここにいればその話に出てくる彼と同じになってしまうのではないかと言われた公孫竜は、驚きのあまり開いた口が塞がらず、すぐにその場を去ってしまいました。

この部分の韓国語訳については「장자 (외편) 제17편 추수[11]」(荘子(外篇)第17篇 秋水[11]から読めますのでどうぞ。

『荘子』に出てくる「井の中の蛙」に関する話は上記2つの対話に登場するということになります。

좌정관천(坐井觀天)

この「井の中の蛙」と似たような故事成語に「좌정관천」(坐井觀天)というものがあります。

これは唐中期の官僚であり文人であった「韓愈」(768~824年)が著した書である『原道』が出典となっていますが、『荘子』のようにカエルの話が出てくることはなく

“坐井而观天,曰天小者,非天小也。”という単に見識の狭さのことを井戸の底に座って天を眺めながら空は狭いと言っているようなものだとする一文に登場します。

中国語の故事成語である「坐井观天」については下の記事坐井观天( zuò jǐng guān tiān )にまとめてありますので、興味のある方はぜひ読んでみてくださいね。

【英語】a frog at the bottom of the well

ついでに英語で井の中の蛙を何というのか調べて見ると、「a frog at the bottom of the well」という言い方をするそうです。

また、「The frog in the well knows nothing of the great ocean.」で「井の中の蛙大海を知らず 」となるようですので参考までに。

【中国語】井底之蛙( jǐng dǐ zhī wā )

中国語で「井の中の蛙」は「井底之蛙」といいますが、下の記事にまとめてありますのでぜひ読んでみてくださいね。

イラストレーターの皆さん

この記事を作成するに当たって使用させてもらった画像のイラストレーターさんになります。

「せいじん」さん - ネコ

「miho」さん - 傘差しパンダ

miho」さん - 傘差しカエル

chinese-mao

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする