【韓国語】대기만성(大器晩成)

대기만성(大器晩成):あらすじ

後漢末、文武両道の崔琰(さいえん)を兄として持つ崔林(さいりん)は、いつも周囲の人から馬鹿にされていましたが、兄の崔琰だけはその才能に気付いており、その後、崔林は魏の官吏となって様々な大職を任されることになったという話。

대기만성(大器晩成):意味

「大成する人物は年をとってから成功する」や「大物になる人物は開花する時期が遅い」など、若い頃は様々な失敗を重ねて紆余曲折するけれども、年をとってから成功するという意味として日本語でもおなじみの「大器晩成」。

韓国語で「大器晩成」は「대기만성」[大器晚成](テギマンソン)と言います。

韓国語版Wikipedia(?)である「나무위기」(ナムウィキ)によると、「大物になるには多くの時間と努力が必要である」という意味になっており、個人的には「大器晩成」の本質を突いているなと感じています。

つまり、時がたてば自然と自動的に何かを成し遂げるのではなくて(普通に考えてあり得ないけど)、「それまでに多くの努力をすれば」という前提が加わっているからです。

また、この「大器晩成」という言葉は、なかなか結果が出せないでいる人を慰める時にも使いますので、どういうシチュエーションで相手がどういう意図で言ったのかというのにも注意が必要です。

出典《도덕경》【道徳経】

《도덕경》:큰 그릇은 천천히 만들어지며,・・・・・・

今回の故事成語である「大器晩成」の故事は「노자」(老子)『도덕경』(道徳経)に登場します。『道徳経』は『老子』『老子道徳経』とも言いますが、ややこしくなるので、この記事では『老子』で統一します。

さて、その『老子』の中に「큰 그릇은 천천히 만들어지며,・・・・・・」という一文が出てくるのですが、これは直訳すると「大きい器は(時間的に)ゆっくりと作られ、・・・・・・」となります。

このことから「大器」、つまり「大物になる人物」とはその才能が発揮されるようになるまで時間がかかるという意味になったのだと思われます。

「大器晩成」の出典や成り立ちに関する詳しい解説については、この記事の下にある「【中国語】大器晚成( dà qì wǎn chéng )」から読むことができますので、ぜひ読んでみてくださいね。

ちなみに『道徳経』を韓国語で読んでみたい方は下の「위기문헌」(Wiki文献)「장 제41」から読めます。

번역:도덕경

천하가 모두 알듯 미를 위한 미는, 추악하다. 천하가 모두 알듯 선을 위한 선은. 선하지 못하다. 그리하여 있고 없음은 서로 살리고, 어렵고 쉬움은 서로 이루며, 길고 짧음은 서로 드러내고, 높고 낮음은 서로 기대며, 노래와 소리는 서로 어울리고, 앞과 뒤는 서로 따른다. 그러므로 성인은 아무것도 하지않으며 그 안에 머물고, 말없이 가르친다.

ちょっと深掘り

ちなみにこの「大器晩成」という故事成語は、20世紀後半に中国の陵墓から発見された竹簡群や布帛から実は「大器免成」なのではないかという話があり、これは中国語の学者の間でもかなり有力な説になっています。

ということで今回は韓国の「문화일보」(文化日報)の2016年2月29日に掲載された「“대기만성 아니고 대기면성이 맞다”」(“大器晩成”ではなく“大器免成”が正しい)という記事を参考にして「大器免成」についてちょっと紹介していきたいと思います。

ちなみに「「大器晩成」って本当は「大器免成」?!」という記事にも「大器免成」についてちょっとだけ詳しく書いていますので、合わせて読んで見てくださいね。

蔚山大学校人文大学・国際学部の中国語・中国学学科の박삼수(Park, Sam Soo)教授(現在は名誉教授)の著書(訳注解説)である『쉽고 바르게 읽는 노자』(楽に正しく読む『老子』)

同記事では박教授の自身の著書において、既存の『老子』には翻訳の誤りが少なくないとの主張を紹介しています。

박教授は『老子』のこれまでの注釈書では「大器晩成」を「大きな器はゆっくりと作られる」として訳されているとし、これは前後の文脈からして一貫性がなく、また、ここの「그릇」(器)「도」(道:どう)の比喩であることから、その訳は適切ではないとしています。

また、この「만」(晩)という字は「면」(免)という字の「가차자」(假借字)であるとし、「無」と言う意味になるとしています。

「無」とは中国語では「~ない」や「~ではない」という意味になり、現代中国語で言うところの「不」と同義になります。

ちなみに、「가차자」(假借字)とは「어떤 뜻을 나타내는 한자가 없을 때 뜻은 다르나 음이 같은 글자를 빌려 쓰는 것」、つまり、何らかの意味を表わす漢字がない場合、意味は異なるが音は同じ文字を借りて用いることを言います。

ここから、「大器晩成」ではなく「大器免成」とした場合、その意味は “큰 그릇(道)은 오히려 정해진 꼴이 없다”(大きい器(道)はむしろ定まった形がない)という意味になるとしています。

また、『老子』第41章では「대기면성」(大器免成)の前後にそれぞれ「대방무우」(大方無隅·큰 사각형은 오히려 모서리가 없고)、「대음희성」(大音希聲·한없이 큰 소리는 오히려 들을 수 없고)ときています。

「대방무우」(大方無隅·큰 사각형은 오히려 모서리가 없고)とは、「大きな四角形はむしろ角がない」となり、「대음희성」(大音希聲·한없이 큰 소리는 오히려 들을 수 없고)は、「限りなく大きな音はむしろ聞こえない」という意味になります。

韓国語の表現の仕方なので、韓国語を学んだことがない人からすると少しイメージしづらいかもしれませんが、これはいずれも文の最後が「∼없고」(~でなく、~できず)という連用形語尾(連結語尾)で統一されており

また、‘대방’(大方)、‘대기’(大器)、‘대음’(大音)はいずれも「道」(どう)を表わしており、‘무’(無)、‘면’(免)、‘희’(希)が「∼없고」を意味するので文脈的にも一貫性があるとしています。

中国の歴史家であり老子に関する書も著している陳柱(1890—1944)もまた「백서을본」(帛書乙本)に「大器免成」と表記されていることを挙げ、これまでの注釈の誤りを指摘していると同記事では述べています。

박教授は、これは「단장취의」(斷章取義)、つまり、既存の文章からその脈絡の意味とは関係ない必要な部分だけを切り取って用いて一般化された場合、「적비성시」(積非成是)、間違っていることがもはや正しいことのようになることだとしています。

他にも「곡신불사」(谷神不死)についての誤りも指摘しているのですが、ここでは割愛します。

最後に、この記事において私が1点だけおかしいと感じた部分があったので少し書いていきたいと思います。

それは、さきほど陳柱氏が「백서을본」(帛書乙本)に「大器免成」と表記されていることを挙げていると同記事の内容をそのまま引用しましたが、この「백서을본」(帛書乙本)についてですが、これはおそらく1973年に河南省長沙市の「馬王堆漢墓」から発見された『徳』『道』の写し書きである帛書のひとつを指していると思われます。

『徳』と『道』はそれぞれ『老子甲本』『老子乙本』と命名されていて、ふたつ合わせて『帛書老子』と言われています。

韓国語でも『老子甲本』『老子乙本』をそれぞれ『백서갑본』『백서을본』と訳しており、また、他サイトでも『백서을본』(老子乙本)は同漢墓から発見されたと解説しているので間違いないと思われます。

確かに『老子乙本』には「大器免成」と書いてあることが確認できますが、この帛書が発見されたのは1973年であり、陳柱氏が亡くなったのは1944年ですから、この時には既に陳柱氏は亡くなっています。つまり、『백서을본』(老子乙本)の「大器免成」の文字を陳柱氏が確認することは不可能です。

ということで、1930年代前半に同じく河南省長沙市にある墓から発見された「子弾庫楚帛書」のことを指していると思われたのですが、確かにこれは現在、中国で発見されている帛書の中では最古の帛書ではありますが、900字余りあるその帛書の中には残念ながら「大器免成」という言葉は確認できませんでした。

私のリサーチ不足であるかもしれないのであくまでも参考程度に。

【英語】a late bloomer

この「大器晩成」という言葉は英語ではなんて言うのか気になったので調べて見ましたのでざっと書いていきたいと思います。

「大器晩成」は英語で「a late bloomer」と表現し、日本語に直訳すると「遅咲きの人」という感じになるようです。

「bloomer」とは「~の時期に才能を発揮する人」という意味があり、(時間的に)遅い「late」で形容されることで「大器晩成」という熟語になると考えると覚えやすいですね。

「a late bloomer」の他にも「a late developer」も同様の意味として用いるみたいですし、また、「 great talents mature late 」(偉大な才能は遅くに成熟する)という言い方もあるようです。

それとは反対に、「Early ripe, early rotten.」(早く熟すれば、早く腐る)「Soon ripe, soon rotten.」(早熟は大成せず、早熟れの早腐り)という言葉もあり

これは若くして才能が開花した人はのちのちその慢心や傲慢によって努力しなくなり、結局は凡人と何も変わらないまま大人になるという意味になります。

日本語で言うところの「十で神童、十五で才子、二十過ぎればただの人」と言うニュアンスでしょうかね。

ただ、「Soon ripe, soon rotten.」には「大器晩成」という意味もあるのでそこは文脈によると言うことになるのでしょうか。

詳しい方がいたらご教授お願いします。

【中国語】大器晚成( dà qì wǎn chéng )

イラストレーターの皆さん

この記事を作成するに当たって使用させてもらった画像のイラストレーターさんになります。

「せいじん」さん - ネコ

「miho」さん - パンダ

「ACworks」さん - 器

「あさひ晃」さん - 本を読む女子生徒

chinese-mao

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする