【韓国語】「미역국을 먹다」はなぜ「解雇される」なのか

韓国人にとっての「わかめスープ」

日本人にとって「わかめスープ」を飲むことは別になにか特別な意味を持っているというわけではありませんが、韓国人にとってわかめスープを飲むということは主に3つの意味があります。

1つ目は、わかめのヌルヌルでツルツルとしている(미끌미끌하다)ことが試験などに「滑る」(미끄러지다)ことを連想させるため、試験などを受ける前に飲むと縁起が悪いということ

2つ目は、誕生日の時に飲むことで母親に感謝の気持ちを表すこと

3つ目は、産後の女性が飲むことによって栄養不足を補い、乳の出をよくすること

詳しくは以下の記事【韓国語】「미역국을 먹다」は「わかめスープを飲む」にあらず?!にまとめてありますので、もっと詳しく知りたい方はぜひ読んでみてくださいね。

미역국을 먹다=解雇される

「미역국을 먹다」は直訳すると「わかめスープを飲む」という意味になりますが、これは「試験などに落ちる」「解雇される」という慣用表現としても使われます。

試験などに落ちるという意味の場合は、わかめのヌルヌルから滑ることを連想してしまうことから理解しやすいのですが、なぜ「わかめスープを飲む」ということが「解雇される」という慣用表現となったのでしょうか。

そこで今回は、‘미역국 먹다’의 의미/ 탄생과 낙방의 상징/ 미역국의 의미(“わかめスープを飲む”の意味/誕生と落第の象徴/わかめスープの意味)という記事を参考にして補足しながら、なぜわかめスープを飲むことが「解雇される」という意味の慣用表現として用いられるようになったのかを見ていきたいと思います。

「わかめスープを飲む」=「解散」の隠語

同記事によると、1947年刊行の『큰 사전』(ハングル学会が作成した韓国語の辞典のこと)には「‘무슨 단체가 해산되거나 또는 어디에서 떨려나오는 것을 이르는 변말’」(ある団体が解散したり、または、どこかで辞めさせられてきたことをいう“변말”)という意味で載っているとのことです。

この「변말」という単語ですが、これはいわゆる「隠語」のことをいいます。

「わかめスープを飲む」という意味の「미역국을 먹다」が隠語として用いられたのは分かりましたが、団体が解散することや(何かしらの所属を)辞めさせられることと、わかめスープを飲むことは一体どういう関係があるのでしょうか。

話は20世紀初頭の日本による韓国併合前まで遡ります。

当時の日本は明治維新を経て日清・日露戦争に勝利して欧米列強の仲間入りを果たしていたイケイケの大日本帝国でしたが、一方の朝鮮半島は内政の混乱などもあって改革がなかなか進まず遅れをとっていました。

そんな中、1907年(明治40年)に締結された「第3次日韓協約」により大韓帝国軍が解散するという出来事(대한제국 군대해산[大韓帝國軍隊解散])が起こりました。

解散に伴って旧軍人には恩給が支給されるとのことでしたが、兵士たちの間には動揺が広がったとされています。

ここから詳しい説明に入ります。

この「解散」という言葉は韓国語で「해산」(解散)といいますが、これは女性が子どもを産む出産や分娩を意味する「해산」(解産)と同じ発音になります。

また、軍隊解散当時は「해산」(解散)という言葉を直接的に用いることができなかったことから、女性の出産や分娩を指す「해산」(解産)と密接に関係する「わかめスープを飲む」という行為が解散という意味に代わって用いられるようになったと同記事では説明しています。

つまり、日韓併合前当時の1907年頃には、わかめスープを飲むことが「解散させられる」という意味の隠語だったということになることから、1947年刊行の『큰 사전』には「미역국을 먹다」が隠語として用いられていることが記述されているわけです。

また、“미역국 먹다”란 뜻을 아시나요? (어원) (8)(“わかめスープを飲む”という意味をご存じですか)という記事によると、先ほどの軍隊解散によって多くの軍人が“働き口”を失ってしまい困窮した立場に置かれたことから、「 일자리를 잃다」(働き口を失う)ことを「미역국을 먹다」で表現するようになったとしています。

そうすると、現代のように「미역국을 먹다」が「解雇される」という意味の慣用表現として用いられることに納得がいきます。

まとめ

朝鮮には古くから出産後の女性にはわかめスープを飲ませるという風習があったこと、女性の出産や分娩を指す「해산」(解産)と「해산」(解散)が同じ発音であったこと

また、日韓併合に先立って行われた大韓帝国軍の解散という出来事によってわかめスープを飲むことが解散することの隠語として用いられるようになったということから、結果として現在のような「미역국을 먹다」という慣用表現が生まれたということになります。

イラストレーターの皆さん

この記事を作成するに当たって使用させてもらった画像のイラストレーターさんになります。

「miho」さん - パンダ

「nonnon」さん - 子犬

chinese-mao

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする