【韓国語】「효자손」背中を掻くのは“孫”ではなく“孝子”の手?!

「孫の手」の語源

中国語の故事成語に「麻姑搔背」というものがありますが、これは日本語で言うところの「麻姑掻痒」(まこそうよう)のことで、意味としては「痒いところに手が届く」「細かいところまで行き届いている」になります。

また、中国語の「麻姑搔背」にはこの意味とは別に「分不相応の望み」「高望み」という意味もあります。

これは「麻姑搔背」の故事の出典である『神仙伝』という志怪小説がもとになっています。

その昔、麻姑(まこ)という18、9歳の仙女がいて、その爪は鳥のようであったと言われていました。

そんなある時、彼女は別の仙人から誘いを受けてとある男の家に招待されておもてなしを受けたのですが、酒に酔って鼻の下をのばした男が彼女の鳥のような長い爪を見ながら「その爪で背中を掻いてもらったら気持ちいいだろうな」と心の中でつぶやきました。

すると、男の心の声を聞いた別の仙人が激怒し、その男をムチで打ったという話になります。

そこから、中国では「麻姑搔背」には「分不相応の望み」という意味も加わることとなりました。

詳しくは以下の記事にまとめておりますので、ぜひ読んでみてくださいね。

かれこれ数百年も生きながら20歳にもなっていない麻姑ですが、「孫の手」の語源になった人物として彼女の名前を聞いたことがある人も多いかもしれません。

単純に「麻姑の手」が訛って「孫の手」に変化したという話なのですが、その由来が一人の若い仙女だったというのは何か意外です。

「효자손」:孫の手

さて、いよいよ本題に入りたいと思いますが、韓国語では孫の手のことを何というのでしょうか。

韓国語では孫の手を「효자손」(ヒョジャソン)というようで、漢字で書くと「孝子手」となります。

「효자」(孝子)とは、儒教で言うところの「父母によく仕える、尽くす子(息子)」のことを指しており、娘の場合は「효녀」(孝女)といいます。

そういう意味では韓国語で孫の手のことを「孝子の手」(효자손)とはまさに言い得て妙なのではないでしょうか。

となると、中国語で「孫の手」のことを「老头乐」(年寄りが喜ぶ)というのはどこか納得がいく気がしますし、儒教国ならではの発想かもしれません。

ちなみに儒教の影響がいまだ根強く残るといわれている韓国ですが、現代の核家族化やお年寄りに関するその他の問題の原因が「孝の喪失」にあるとして、「孝」というものをプラスに捉えてその実践を推奨しているようです。

しかしその反面、ブライダル業界では「孝」という考え方によって、夫や妻に経済的な負担はもちろん、精神的な負担をかけてしまっているということで否定的に捉えているようです。

確かに、子どもを養いながら自分の親の面倒を見て、さらに結婚相手の親の面倒を見るなんて大変ですからね。

なかにはそれが当たり前のごとく強制してくる親とかもいそうですし。

「孫の手」の歴史

そんな孫の手ですが、世界的に見たら「背中を掻く専用のもの」をいつ頃、誰が発明したのでしょうか。備忘録がてら書いてきたいと思います。

孫の手の起源は、イヌイット(カナダ北部の氷雪地帯に住む民族)にあるとされていて、もとはクジラの歯(サメの歯という記述も)を削って作られたものが最初であるとされています。

また、唐の玄宗が背中が痒いということで、臣下の「나공원」(ナゴンウォン)が献上したという話もあるみたいです。

これはいわゆる「野史」(在野の人が編纂した歴史書)に書かれているとのことなので、そもそも本当に「나공원」という臣下が実在していたのかは疑問が残るので、この話に関しては信憑性が薄いように思われます。

ただ、この「나공원」という人物の名前は、中国唐代の志怪小説である『神仙感遇伝』という書に道士(道教を信奉し実践する人のこと)として登場するらしく、しかも、唐の玄宗の時代の話であることから、この人物を指しているのではないかと言われているようです。

ということで『神仙感遇伝』を実際に見てみると、確かに「羅公遠」という人物の話が載っていました。

「羅公遠」はハングル読みすると「나공원」になるので、この人物のことを指していると思われます。

その中で羅公遠は道術(仙術)を披露したことで都へと行くことになり、そこで唐の玄宗に会うという展開になっていくようです。

また、中国では1977年に現在の山東省曲阜市にある「魯国故城遺跡」の2カ所の大きな墓で、それぞれひとつずつの孫の手が見つかりました。

魯国は周代から戦国時代にわたって存在していた諸侯国であることから、その遺跡から発見された孫の手は実に2000年以上も前のものになります。

長さ約40㎝で象牙で作られたその孫の手は、一方の先は親指を立て残りの指が折り曲げられた形になっており、もう一方の先は獣の頭の形をしており、非常に精巧に作られているとのことです。

実用品としてだけでなく工芸品としての美しい外観も備えていることから、この時代には芸術的にも価値の高いものだったことがわかります。

「backscratcher」:孫の手

ちなみに、「孫の手」は英語では「backscratcher」で、読んで字のごとく「背中をかくもの」なので覚えやすいですね。

ちなみに英和辞典を引いてみると、この「backscratcher」にはもうひとつ「見返りを期待して他人に尽くす[協力する]人」 という意味があるようです。

もとは「You scratch my back, and I’ll scratch yours.」(私の背中をかいてくれたら、私もあなたの背中をかく)に由来するようです。

その「You scratch my back, and I’ll scratch yours.」ですが、ネットで調べていくといろいろと意味があるみたいで

「困った時はお互い様」というポジティブなニュアンスもあれば、「魚心あれば水心」というちょっと打算的なニュアンスをもつこともあるみたいです。

とにかく「そっちが良くしてくれたらこっちも・・・」みたいな感じですかね。

これがきっと日本人だったら 「 I scratch your back, and you’ll scratch mine.」になっていたんだろうなと思いますけどwww

麻姑の爪の長さ

そんな仙女の麻姑は爪が鳥の爪のようだったと言われることが多いのですが、ではその長さは一体どれくらいだったのでしょうか。

麻姑の爪の長さについて以下の記事【麻姑搔背】麻姑の爪の長さは何㎝?にちょっとだけ詳しくまとめていますので、ぜひ合わせて読んで見てくださいね。

参照

「효자손」(나무위키)

「효자」(국립국어원・온라인가나다)

『神仙感遇伝』「羅公遠」(維基文庫)

イラストレーターの皆さん

この記事を作成するに当たって使用させてもらった画像のイラストレーターさんになります。

「miho.panda」さん - パンダ

おすすめ記事(猜你喜欢)

2件のコメント

  1. […] 【韓国語】「효자손」背中を掻くのは“孫”ではなく“孝子”の手?! […]

  2. […] 【韓国語】「효자손」背中を掻くのは“孫”ではなく“孝子”の手?! […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です