【故事成語】画蛇添足( huà shé tiān zú )

画蛇添足( huà shé tiān zú ):意味

画蛇添足( huà shé tiān zú )は「蛇を画いて足を添える」ということから、「蛇足を加える」「余計なことや必要以上のことをしてかえってダメにしてしまう」という意味になります。

画蛇添足( huà shé tiān zú ):あらすじ

戦国時代、蛇を最初に描き上げた人が蛇に足まで描き足してしまい、それは蛇ではないと指摘された挙げ句、褒美のお酒を飲めなかったという例え話を用いて、敵の大軍を撤退させたという話。

画蛇添足( huà shé tiān zú ):故事

戦国時代、楚の将軍である昭陽は魏国を攻めて魏軍を打ち破り8つの城を占領すると、今度は斉国に攻め込みました。

陳軫(ちんしん)は斉王の使者として昭陽と会見し、楚軍の勝利を祝うと立ち上がって昭陽にこう尋ねました。

「楚の法では、敵を滅ぼし将を討ち取るとどのような官職、爵位を授けられるのか」

昭陽は答えました。

「官職は上柱国、爵位は上執圭である」

陳軫は続けて尋ねました。

「それよりもさらに高い官職はあるのか」

昭陽は答えました。

「令尹(れいいん)のみだ」

陳軫は言いました。

「令尹は確かに最高位の官職だが、楚王は令尹をふたつ置くことはないだろう。

恐れながら、例え話をしてもよいだろうか。

楚国でとある貴族が祖先を祭り、客に酒を振る舞った。客たちは“この酒はみんなで飲むには足りないが、ひとりで飲むのには十分だ、みんなで地面に一匹の蛇を描いて、最初に描き上げた人がこの酒を飲むことにしよう”と言った。

すると、客のひとりが真っ先に蛇を描き上げると、酒を飲もうとした。左手で杯を持ちながら右手でまた地面に描き始めて、“蛇に足も描き足すことだってできるさ”と言った。

蛇の足を描き終わる前に、もうひとりの客が蛇を描き上げると、その客の手から酒杯を奪い“蛇に足などないのに、足を付け加えていいはずがないだろう”と言って酒を飲み干した。一方、蛇に足を描き足した客はというと、酒を飲むことができなかった。

今、将軍は楚王の魏国侵攻を補佐し、敵軍を破って8つの城を奪った、その勢いが衰えぬうちに今度は斉に攻めてきた。斉の人々は恐れ戦いていることをみれば、将軍が名を挙げるには十分だ。

しかし(斉を破ったところで)官職はそれ以上高くなることはないだろう。これまで戦に敗れたことがなくても適度なところでやめることを知らなければ、その身は滅び、爵は国に奪われるだろう、まさに“蛇を画いて足を添える”ようなものではないか」

昭陽はその言葉に納得すると、兵を引き上げていきました。

出典《戦国策・斉第二》

《战国策·齐策二》:“蛇固无足,子安能为之足?”

《戦国策・斉第二》:“蛇固(もと)より足なし、子安(いず)くんぞ能くこれが足を為(つく)らんや”

日本語の「蛇足」という熟語のもとにもなっている今回の故事成語「画蛇添足」( huà shé tiān zú )の故事の出典は、前漢の劉向(りゅうきょう)による『戦国策』「斉第二」の中に登場する「昭陽為楚伐魏」になります。

戦国時代、楚国の懐王(在位紀元前329~紀元前299)の時代の楚懐王6年(紀元前323年)、楚国は魏国の内政に干渉しようとして魏国に侵攻すると、襄陵(現在の河南省商丘市睢県)で魏軍を大敗させて(楚魏襄陵之戦)、8つの城を奪いました。

魏軍を破った昭陽はそのまま斉国を攻めようとしましたが、斉王は縦横家の陳軫(ちんしん)を使者として昭陽のもとに送り込みました。

すでに魏軍を打ち破り、そのまま楚に凱旋しても十分な恩賞が約束されているにもかかわらず、さらに斉国に攻め込もうとしている昭陽に対して、陳軫は蛇に足を描き足してしまい遂には褒美の酒を飲み損ねた人の話をします。

つまり、すでに魏軍を打ち破って十分な恩賞が約束されているのにもかかわらず(蛇を最初に描き上げて褒美の酒を飲めるのにもかかわらず)、恩賞のさらなる加増が見込めないのに斉国を攻めようとするのは(蛇に足を描き足そうというのは)、斉国との戦に敗れてしまった場合(他の人が自分よりも先に蛇を早く描き上げてしまった場合)、自身の身を滅ぼし爵も国に奪われてしまうこと(褒美の酒を他の人に飲まれてしまうこと)になるよねと諭しました。

これには昭陽も思わず「なるほどな~、なるほどな、なるほどなるほど、なるほどな」と、お笑い芸人のFUJIARAの原西さんに勝るとも劣らない姿で納得して、軍を引き上げていったということになります。

ちょっと深掘り

今回の故事に登場する楚国の将軍である昭陽(しょうよう)は、戦国時代の楚の懐王の時代(紀元前300年頃)の人物で、紀元前334年に越国を滅ぼすと、紀元前323年には楚魏襄陵の戦い(楚魏襄陵之戦)で魏国を破りました。

これにより懐王から国宝である“和氏璧”を下賜されると、さらには“古渤海之地”(現在の江蘇省泰州市興化市一帯)の領地を封じられましたが、それからほどなくして昭陽は同地で病死しました。

その功績を称えて楚の烈王は、周王朝の穆公の“八駿”のひとつで「山子」という美称がつけられた良馬の名を昭陽の諡としたことから、後世の人たちは昭陽を“山子府君”と呼ぶようになり、彼を祭る廟を“山子廟”、彼が葬られた場所を“山子村”と呼ぶようになりました。

官職のひとつである上柱国(じょうちゅうこく)とは、もともとは「国都を防衛する官」のことを指していましたが、のちに戦いで勲功を挙げた将軍に授けられる官職になり、宰相に相当する令尹(後ほど解説)の次に高位の官職になります。

また、上執圭(上執珪、執圭、執珪とも)とは、楚国の最高位の爵名になります。

令尹(れいいん)とは、元々は古代中国の殷王朝における官職のことで宰相に相当し、その後、楚国では対内的に政治を統括し、対外的には軍事を統括する官職となり、秦国に滅ぼされるまで楚国の最高官職でした。

徐、越、巴などの小国も楚国の影響を受けて令尹を設置しており、一説では、殷王朝を建てるのに貢献した名臣のひとりである“伊尹”が名称の由来になっているとされていますが、いまだ論争中のようです。

令尹は国内では政治を司り、軍の統率者でもありました。

楚の武王の時代(紀元前700年頃)に令尹が設置されると、令尹には楚王の親族が任命されることがほとんどでしたが、非王族の者が令尹になることもあり、楚の文王の時代(紀元前680年頃)の彭仲爽(申国の平民)や楚の悼王の時代(紀元前400年頃)の呉起(魏国の将軍)も令尹に就いていたとされています。

また、令尹は主に楚国の貴族のうち芈(び)姓(熊氏、屈氏、昭氏、景氏、彭氏など)の族から選出されることが多かったとされています。

最後に、YouTubeチャンネル原西ギャグ倶楽部「原西ギャグ倶楽部 原西ベスト」によると、お笑い芸人のFUJIARAの原西さんのギャグのひとつである「なるほどな~、なるほどな、なるほどなるほど、なるほどな」の名称は「納得」だそうです。

例文

这幅画儿画得这么好,你就不要再画蛇添足了。

(この絵うまく描けているんだから、もう余計なことしないで)

你这样画蛇添足对你自己是不会有什么好处的。

(こうして蛇足を加えることは君自身にとって何のメリットもない)

对一个这样可爱的女孩来说,化妆有些画蛇添足

(こんな可愛い女の子にとって化粧はちょっと蛇足だ)

類義語

多此一举(duō cǐ yī jǔ):余計なことをする、余計な世話をする、いらぬことをする

适得其反( shì dé qí fǎn ):結果と願望が正反対になる、ちょうど反対の結果になる

 弄巧成拙( nòng qiǎo chéng zhuō ):うまくやろうとして逆に悪い結果になる、上手く立ち回ろうとしてしくじってしまう

対義語

恰到好处( qià dào hǎo chù ):ちょうど頃合いである、ちょうどいい程度である

画龙点睛( huà lóng diǎn jīng ):龍を画いて最後に仕上げの瞳を書き入れる、文章や話に肝心な言葉を付け加えて全体を引き立たせる

参照

『戦国策』「斉第二・昭陽為楚伐魏」(維基文庫)

「柱国」(百度百科)

「令尹」(百度百科)

「令尹」(Wikipedia)

「令尹」(中国語版Wikipedia)

「昭阳」(百度百科)

「陈轸」(百度百科)

「纵横家」(中国語版Wikipedia)

【故事成語】战无不胜( zhàn wú bù shèng )

「必勝不敗」や「無敵である」を意味する中国語の故事成語「战无不胜」( zhàn wú bù shèng )についてちょっとだけ詳しくまとめていますので、興味のある方はぜひ読んで見てくださいね。

イラストレーターの皆さん

この記事を作成するに当たって使用させてもらった画像のイラストレーターさんになります。

「せいじん」さん - ネコ

「miho.panda」さん - パンダ

「まむのすけ」さん - 黒猫のフレーム

「しらた」さん - 蛇

おすすめ記事(猜你喜欢)

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です