【东山再起】謝安の初めての仕官は本当に40歳過ぎ?!

东山再起( dōng shān zài qǐ ):意味

「东山再起」は、「返り咲く」「再起する」「勢力を盛り返す」「もとの地位に復帰する」という意味になります。

「东山再起」は良い意味はもちろんのこと、悪い意味でも使われることもありますが、一方、「死灰复燃」や「卷土重来」は悪い意味で用いられます。

东山再起( dōng shān zài qǐ ):あらすじ

晋の時代、東山に隠居していた謝安が40歳を過ぎて初めて出仕すると、晋王朝の危機を幾度となく救ったという話。

东山再起( dōng shān zài qǐ ):故事

中国語の故事成語である「东山再起」については、以下の記事东山再起( dōng shān zài qǐ )にちょっと詳しくまとめてありますので、よかったら合わせて読んでみてくださいね。

謝安の生きていた時代

3世紀末、禅譲を受けた司馬炎が晋(西晋)を建国すると、100年余りにわたって群雄が割拠していた三国時代は終焉を迎え、中国は再び統一されることになりました。

しかし、それからしばらくして異民族による反乱などによって4世紀初頭には五胡と言われる北方などの騎馬民族がそれぞれ国を建てたことにより、華北や西北地域は各国が興亡を繰り広げる舞台と化してしまいました。

都である洛陽を奪われた晋(西晋)は事実上滅亡してしまうと、司馬睿は建康(現在の江蘇省南京市)を都として新たに東晋を開くことになりました。

謝安はこうした騎馬民族により建てられた国家が林立する不安定な時代である五胡十六国時代に生きていた人物でした。

そんな謝安がもとになって誕生した「东山再起」(東山再起)という故事成語の故事の出典は、『晋書』「謝安伝」とされています。

同伝には、謝安が朝廷などからの出仕の要請を幾度となく辞退しては、会稽(現在の浙江省紹興市)にある「東山」で隠居生活を送りながら、釣りや狩りをしたり詩歌を詠んだりと、悠々自適な生活を送って王羲之などと交遊していたと書かれています。

そんな自由気ままな生活を送っていた謝安に転機が訪れます。きっかけは劉惔(りゅうたん)の妹で、謝安の妻の一言でした。

ある時、謝家の者がみな官職について高禄を食んでいるのに、謝安だけが隠居生活を送っている姿を見ていた彼女は謝安にこう尋ねます。

「あなたはこのように(他の家族のように)はなさらないのですか」(もしくは、(他の家族のように)富貴になるおつもりはないのですか)

この言葉に謝安は鼻をつまみながら「きっとそうなるだろう」と答えました。

さらに、西中郎将(遠征軍の指揮官)だった従弟の謝万(しゃまん)が、当時勢いに乗っていた前燕の軍に大敗してしまい、庶民に落とされてしまうということがありました。(謝万は後に散騎常侍(皇帝の侍従)として復帰します)

これにより、ようやく謝安は出仕する気持ちが芽生えてきたと「謝安伝」には書かれています。この時の謝安はすでに40歳を超えていました。

謝安の初出仕は40歳過ぎ?!

妻の言葉や従弟の失策もありようやく出仕する気持ちになった謝安に、征西大将軍だった桓温(かんおん)から司馬(将軍の補佐役)としての出仕の依頼が来ることになります。

そして、謝安はこれに応じたと「謝安伝」には記載されおり、この出仕が一般的には謝安の“初めての出仕”とされています。

しかし、謝安のこの初めてといわれる出仕に関してですが、私個人的にはちょっと違和感があります。

というのも、中国語の「東山再起」というのはもともと「要職に“再び就くこと」を意味し、そこから「返り咲く」「再起する」「もとの地位に復帰すること」などを意味します。

ただ、よくよく考えてみると、もし司馬になったのが初めての出仕なのだとしたら、それまで官職に就いたことがなかったわけですから、そもそも返り咲くも再起もないわけです。

司馬になる前に何かしらの官職に就いていたか、役人としての仕事をしていたか、あるいは官職に就いていなかったとしても何かしらの武勇伝を残していたのであれば、一旦は東山に隠居したものの、後に再び国のために力を尽くしたということで、「東山再起」という言葉の意味と謝安の生き様がマッチしてしっくりきます。

しかし、一般的には謝安は40歳を過ぎて初めて仕官したと言われています。

確かに、司馬となってからの謝安は、それまでの悠々自適な隠居生活で見せていたのんびりとしたイメージとは異なり、桓温による殺害計画を言葉巧みに防いだり、桓温による簒奪を未然に防いだりしただけでなく、前秦による中国統一という野望を「淝水の戦い」で見事に打ち砕いたりと、自身の命のみならず東晋の命運を左右する出来事に対してその能力を遺憾なく発揮して東晋の繁栄を支えた救世主でした。

しかし、私にはどうしても司馬になる前の謝安が何かしらの形で仕官していた、あるいは活躍していたようには見えなかったので、「東山再起」の「再」の字が気になるというか、引っかかっていました。

謝安はプチ仕官していた?!

ここからは『晋書』の「謝安伝」をちょっと詳しくみていきたいと思いますが、まず初めに断っておきたいのは、東晋時代の人材登用制度についてや、誰がどの範囲で官職を授ける権限があるのかということについて私自身は詳しく分からないということです。

ですので、そのことに注意しながら本記事を読んでいただければと思います。

ではまず、東山に隠居する前の謝安がどうだったのかについては次のように記述されています。(以下、拙訳)

■初辟司徒府,除佐著作郎,并以疾辞。

■初め司徒府に辟され、佐著作郎を除す、并(しか)し疾(やまい)を以て辞す。

■最初、司徒府(丞相府)に召し出されて佐著作郎の官職を授かったが、病気を理由に辞退した。

最初の「初辟司徒府」の訳が怪しい感じですが、ご了承くださいませ。

「謝安伝」には、東山に隠居する前の謝安について、司徒府(丞相の官署、役所のこと)に召し出されて「佐著作郎」という官職を授かったとあります。

このことから、「お、ちゃっかり官職もらってるじゃん」と思ってしまいますが、謝安はせっかくの官職を病気(もしかしたら仮病か?)を理由に辞退したと同伝には記載されていることから、残念ながら初仕官とはいきませんでした。

ちなみに「佐著作郎」とは、史料を収集しながら「著作郎」の国史編纂を補助する官職になります。

佐著作郎の官職を病気を理由に辞退したという記述のあとには、謝安が会稽に隠居していた時の悠々自適な生活ぶりが記載されています。

そしてさらに読み進めていくと、おそらく「東山再起」の「再」に繋がる伏線部分なのではないかと思われる記述を発見したのでちょっと紹介したいと思います。(以下、拙訳)

■扬州刺史庾冰就以安有重名,必欲致之,累下郡县敦逼,不得已赴召,月馀告归。

■揚州刺史庾冰(ゆひょう)以(おも)えらく安重名有るに就き、必ずこれを致さんと欲す、累(しき)りに郡県に下し敦逼す、已(や)むことを得ずして赴召し、月余り帰告げる。

■揚州刺史である庾冰は謝安に名声があったため、ぜひ招きたいと思い、郡県に彼を招聘するよう何度も命じると、謝安はやむを得ずそれに応じたが、1カ月ほどすると帰っていった。

この一文を読む限りでは、実は東山にずっと隠居していたというわけではなく、揚州刺史だった庾冰の求めに応じて一度だけ招聘に応じていたことがわかります。

具体的にどういった官職をもらったのか、官職をもらわなかったとしてもどういった仕事をしていたのかまでは残念ながらこの一文からはわかりませんが、謝安は嫌々ながらも揚州刺史の庾冰の求めに応じていたことがわかります。

また、原文にある「赴召」の意味ですが、これは「朝廷からの官職授与に応じる」という意味にもなることから、謝安は庾冰の求めに応じて朝廷から何かしらの官職を授けられていた可能性もあります。

このことから、東山での隠居生活を経たあと40歳を過ぎて司馬として出仕する前に、実は一度だけ役人か何かの形で仕官していたか、あるいは朝廷から何かしらの官職を授けられていたという可能性があるということになります。

これはあくまでも私個人の見解なので注意していただきたいのですが、恐らくですが、謝安が初めて仕官したのは「司馬」が初めてではなかった可能性が高いと思われます。

いずれにせよ、1カ月余りの間ではありますが、先ほどの一文から謝安が東山での悠々自適な生活を一時的に諦めざるを得えなかったことは間違いないと思われます。

その1カ月ちょっとの間にプチ仕官していたか、もしくは朝廷から何かしらの官職を授かっていたと考えると、40歳を過ぎて司馬になるまで仕官したことがなかったといわれる謝安がなぜ「東山から“再び”身を起こす」と言われているのかということについて納得がいきます。

また、謝安がもとになり誕生した中国の故事成語「東山再起」が、なぜ「“再”起」なのか、そして「東山再起」の意味がなぜ「返り咲く」や「再起する」という意味になるのかについても、私個人としてはとても納得がいきます。

嫌々ながらも応じたこの1カ月ちょっとの生活が、後の「東山再起」という故事成語が誕生する伏線になっていたというわけです。

ちなみに「謝安伝」によると、1カ月あまりで辞めて帰ったあとにも、「尚書郎」や「琅邪王友」の官職を授けられたり、吏部尚書の范汪(はんおう)からは「吏部郎」に推薦されたものの、いずれも辞退したとあります。

まとめ

一般的に40歳を過ぎて初めて仕官したと言われる謝安ですが、実は一度だけ何かしらの官職を授かっていたのではないかということについて見てきましたが、いかがだったでしょうか。

40歳を過ぎてから司馬となって東晋のために命を賭けて貢献した謝安が東山からなぜ“再び”立ち上がると言われているのかということについても私個人的には疑問だったので、ちょっとだけすっきりした感があります。

以上のことから、謝安は「東山から“再び”立ち上がる」というのかもしれません。

参照

『晋書』「謝安伝」(維基文庫)

「赴召」(百度百科)

「征召」(百度百科)

「東山再起」の「東山」とは

「東山再起」の「東山」がどこにあるのかということについてちょっとだけ詳しく書いているので、興味のある方はぜひ読んで見てくださいね。

イラストレーターの皆さん

この記事を作成するに当たって使用させてもらった画像のイラストレーターさんになります。

「miho」さん - パンダ

chinese-mao

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする